まなびの窓口交流会

13262618_1032002526880967_414908253_o

本日、5月24日(火)10:00より、まなびの窓口交流会なるものを行った。

この会は、塾経営に携わる教育者と、一般の人が関わり、

教育情報、生徒情報を交換するというものであった。

 

本日、大向の経営するとびラボカフェを貸し切りで、

“まなびの窓口”によるイベントが開催された。

13262618_1032002526880967_414908253_o

まなびの窓口

代表 川内 真紀

保護者向けの教育相談を中心に、

「その子にあった学習塾を」と、教育マッチング事業を展開

詳細は、以下ホームページより。

まなびの窓口ホームページ

 

まなびの窓口交流会の目的は、

学習塾経営者との交流。

各塾の教育者がどんな教育をしているかを語り、

一般参加者は、子どもにあった塾探し、

あるいは自分の成長のために耳を傾むける。

 

DSC_0715

今回のイベント参加者は、8名。

塾経営をしている人が4名、これから塾を作ろうとしてる方が1名

一般参加者が2名、そして川内代表が自ら参加した。

 

DSC_0720

会の進行としては、まず全員が自己紹介。

各々の教育に対する思い、参加に至る経緯などを語った。

DSC_0724

初対面だからこそ、話が盛り上がる。

今まで見てきた子どもの話。

自分の信じる教育の話。

今後の展望の話。

それぞれが必要な情報を交換することができた。


 

DSC_0729

 

代表の、川内真紀は語る。

 

ここ数年、大手や個人経営を含め、

学習塾がどんどん乱立していっている。

そのせいで、保護者は「子どもをどの塾に通わせればよいか」で悩んでいることが多い。

 

そこで、よくある解決方法は、

テレビでCMをしていたり、検索サイトの上位を占める

大手塾の門を叩くことである。

 

しかしそうすると、優れた教育力を持ち合わせるも、

宣伝広告に費用をかけることができない個人塾は

生徒を集めることができない。

 

だから私は、優れた教育力を持つも、埋もれてしまっている

ダイヤの原石のような教育者を発掘したい。

 


 

今後も、定期的にイベントの開催を行う。

興味のある方はぜひ、
まなびの窓口facebookをフォローして

今後のイベント情報を受け取ってもらえればと思う。

 

では、今日はここまで、

またの更新をお楽しみに。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です