自分だけ不幸だなんてありえないから 最終回

1461225999853

この三日間、長々と悩み相談について語ってきた。

そして、今日がようやく最終回。

自分の不幸と向き合おうとしている少年について語る。

 

 

今日は少し、熱く語る。

 

先日、生徒とこんな話をした。

どうして自分だけ、こんなに不幸なんですかね?

 

悩んでもしょうがないのはわかってるけど、

やっぱり周りをみたら”いいなー”って思っちゃいますよね。

 

彼は現在、大向のもとで高卒の資格をとるために勉強をしている。

 

彼は今まで、非常に珍しい人生を歩んでいる。

 

彼は9歳の時、家庭の事情で学校に行かなくなった。

いや、行けなくなったというのが正しい。

彼の勉強は、小学3年生で止まっている。

 

それから10年、

彼は生活保護を受けながら家に引きこもることになる

 

すでに成人している彼。

初めてあった時の印象は爽やかな青年。

しかし、話を聞いて絶句した。

 

彼は、10年近く鉛筆をもってなく、

字を書くことができないという。

 

しかし、彼は変わろうとした。

普通の人生にもどりたいと、努力をすることを決意した

 

現在、一緒にしている勉強は、作文。

文字を書く練習である。

 

彼は文字を読むことができるが、

頭の中にある文字を書くことが極端に苦手である。

 

だが、スマートフォンを握りしめ、

思いつかない文字が出るたびに調べ

二時間近くかけて、400字の作文を書きあげる

 

彼はやると決めたことは必ずやり遂げる

そう、かれは学問を志す中で、もっとも大切なものを持ち合わせているのだ。

そして、そんな彼が、つぶやくようにいったのが、冒頭の言葉。

 

どうして自分だけ、こんなに不幸なんですかね?

 

悩んでもしょうがないのはわかってるけど、

やっぱり周りをみたら”いいなー”って思っちゃいますよね。

 

彼は今、目の前のことに真剣になっている。

しかし、やはり不安になるのは将来のことである。

 

彼は不安なのである。

どれだけ頑張っても埋めることができないブランクがあること、

例え高卒をとっても、社会的な評価は変わらないこと。

厳しい現実は、しっかり理解しているのである。

 

だから、彼とはこんな話をした。

 

じゃぁさ、逆に聞くけど、俺って幸せそうに見える?

 

いや、当たり前に幸せでしょ?

自分で経営してて、知り合い多くて、楽しそうですし。

 

そう、確かに今の俺ってさ、幸せなんだよ。

でもさ、この幸せにあぐらをかいちゃいけんと思ってるんよね。

 

どういうことですか?

 

例えばいま、とびラボカフェとかやってるけど、

これ、ちょっとずつお客さん増えていってて、

多分8月くらいには、収入も結構安定すると思うんだよね。

でもさ、3年後続いてるかっていったら、正直わからないよね。

 

まぁそりゃ、先のことはわからないですよね。

 

だからさ、例えば俺が30で仕事で大失敗したらさ、

もしかしたらそこで借金まみれみたいになって、

家も追い出されてさ、ホームレスになってるかもしれないわけじゃん。

その可能性がある以上、自分が幸せだって満足できんよねって。

 

確かに、自分でやってたら失敗したら大変ですもんね。

 

でもさ、もし俺が30で失敗して1000万とか借金抱えてホームレスになっても、

40くらいになったら人生やり直せてると思うんよね。生きてたら。

そしたらさ、”破産なう。”とか本だしちゃってさ、

印税で稼いじゃってさ、全国講演会で引っ張りだこになってさ、

めっちゃ充実した人生にできる自信はあるな。失敗しても。

 

わかる!大向さんなら、しちゃいそうですよ!

 

だからさ、そう考えると結局その瞬間の幸せとか不幸って、

全く関係ないんじゃない?

君はさ、今まで生きてきて20年不幸だった。

誰よりも苦しい人生を歩んできた。大きなブランクもある。

でもさ、別にいんじゃないの、そんなことどうでも。

10年後20年後、死ぬ直前にでもさ、幸せになってたらいんだから。

 


 

 

子どもと関わってて、一番楽しい瞬間が、

こういう話をするときである。

 

彼がこの話を聞いて、何を思ったかわからない。

どう変わっていくかもわからない。

だからこそおもしろい。

 

さて、今後彼がどう変わっていくのか。

10年後、いったい彼と何を話しながらお酒が飲めるのか。

 

人の人生に寄り添う仕事、これからもやっていけたらいいですねと。

 


 

ここまで読んでくださった方々にも知ってもらいたい。

目先の幸せや不幸に惑わされてはいけない。

自分だけ幸せだとか、不幸だとかありえない。

 

どんな幸せな人も、ちょっとしたきっかけで転落することはある

どんな不幸な人も、やり直すチャンスはある

だから、その瞬間瞬間を気にする必要はない。

最終的に、自分の満足いく人生を送れたら良い。

 

そう、一度きりの人生なんだから、

後悔しないように、大切に生きましょうと。

 

さて、今日の話はここまで、

明日からはまた、別のシリーズかなー

 

ではでは、またの更新をお楽しみに!

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です